FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教えの示す決定論

教えの示す霊、因縁による今が決定され、教えの力による救いがなければ幸福になれないと決定づけられてしまえば、人生のストーリーが教えによって決定されてしまうことになります。
それは、今ある自分の原因を次々と示され、教えに都合よく後から取って付けられてしまうことになります。
そうなると、おばちゃん指導者の私的論理でさえも、共通認識のように取り扱われ、後からそれが教えの言葉であるかのように意味づけられてしまいます。
信者はそれらを示す側になり、人を操作したいと望むのでしょう。
しかし、その前に教えの意図である教えの示す因縁と救いのマッチポンプに動かされているのです。《一闡提》

スポンサーサイト

PageTop

教えに駆り立てられる信者の攻撃性

この教えは信者に教えを否定するものに対して敵意を抱くように洗脳します。教えを信じられない一般人を「可哀想」と思いながらも、教えの解る選ばれた人を勧誘することで、自らと共に選ばれた人となること喜びます。
やがて教えの世界観は教団施設などの狭い世界で「救われている。」と思っているのに、
「皆がこの教えに結ばれて幸せになれば良い。」という妄想と現実が曖昧となることで世界が救われているような気にさせられるのです。
一方で実際にはほとんどの人が教えに救われていない事が、信者を教団施設のイベントに立ち合えるだけで忘れさせ、教えを信じない人の原因を救われない霊による因縁と、敵意を持って投影します。
教えを信じないと救われない信者が、教えを信じない外の世界と戦うように洗脳を伴い行動する事が、周囲に取っては異常ですが、教えを信じないものに対する敵意を抱く信者の施された洗脳の特質を、先ずは知らなければなりません。否定してはいけないのです。〈一闡提〉

PageTop

止まぬ信者からの働きかけ

仏壇に知らない人の写真が飾られる様になった。それは真如苑の信者として活動している一つの目安です。
静かに自分だけで教団施設や集会に行っている信者が多いのでしょう。そして「人のため」と護摩をお願いしたり入信させたりしても、信者個人が負担するだけなので、人に迷惑をかけません。
そうした信者の行動に信教の自由を尊重して触れずに周囲が静かに距離を取ることは教えとの共存と言えるでしょう。
しかし、教えのマインドコントロールは信者を焦らせ、恐怖心を与え、不安定にさせるが故に教えの中での支配感や軽蔑を伴って教えを良く言う、悪く言うの二者択一的な思考によって攻撃性を伴って信者に活動させます。そうした真如苑被害にも通ずる信者の傾向も周囲が理解して避けたいものです。〈 一闡提 〉

PageTop

地獄に堕ちると面と向かって言えない関係

真如み教えはその人の生活に徐々に入り込み、オブラートを何枚も重ねるがごとく恐怖心を植えつけていくのが手法です。それをマインドコントロールと言います。
その過程で人に準えて教えを下げる行為や教えを疑う行為をすると地獄に堕ちるというストーリーがあります。人の話で本人に植え付けるのが基本です。プルーフを代表とする信者による演説が代表的です。聞いた本人に「恐い!」と思わせるのです。
そのやり取りが真如マインドコントロールにはまる過程ですので、「行かない」「興味を示さない」「否定しない」を徹底すれば、罠にかからないことになります。
信者が人の不幸と霊や因縁を絡めようとしても、「何かある。」と思わされない毅然とした態度が二度と騙されないスタンスであり、これから騙されない手段です。〈一闡提〉

PageTop

それって本当にあなたのご先祖様ですか?

巷で無くならない振り込め詐欺は家族を装って家族の不幸を騙り、金銭を急いで振り込ませようとします。その、人を急がせるストーリーは無数に考え出されます。
それらの対処法はその話が事実でないと知ることです。
それでは霊能者が示す救われない先祖を自分の先祖ではないと知るにはどうすればよいのでしょうか。明らかに証拠を得られない事を絶対視しなければならない心理にさせられる事に対処しなければなりません。
明らかな作り話を急がされずに冷静に判断することは基本ですが、集団の力を使った人の正常な判断を邪魔する手法に気をつけねばなりません。「そこで示されるのは、本当に自分のご先祖様なのでしょうか?」〈一闡提〉

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。