FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教えの裏の目的

N君は単純な手口に引っかかってしまったと思う。
多くの大人が真顔で信じる教義。教団施設ではそうした集団圧力が働いていた。
どうとでも言えるのに、示された霊を集会などの集団圧力のある場で普段の出来事と絡めるトレーニング。
教えの小集団や上下関係を重んじなければ流れてこないお力は、実はこの教えでしか示されない霊の仕業から、この教えでしか流れてこないお力でしか救われないと思わされることが目的で使われる。
N君の指導者は、この教えの小集団で働く教えの上下関係の威厳に固執した。その姿を見てN君は幻滅するが、どこかに「教えは正しい」かのような想いもあり、耐えていた。
しかし、指導者のおかしな言動は続き、N君は教えに距離を置いた。それから起こった信者からの嫌がらせは、N君に教えの手法に対して焦点を当てさせた。
マインドコントロールについて書籍を読み、ネットでの体験談、論議を荒らして回る信者らしき人の意図を知ろうとした。
「示した霊からここのお力で救ってやる」というマッチ・ポンプ手法を、ネットで質疑すれば読みとれる時代となった。教えに勧誘するためにつくられた信者の人格が教えを否定すればたちまち崩れる精神状態は、教えを護る名目で洗脳された結果である。
勧誘してネズミ算式に信者が増える方式は、無断入信による信者の会費立替には働くだろう。一方N君が思うのは、信者が勧誘すると疑問や手法がネットで情報共有され、その共通点が不特定多数に見られることでネズミ算のように伝わり、適切に距離を取れる人が増えることである。【一闡提】

スポンサーサイト

PageTop

信用が地に堕ちているのに

信者は教えを辞めた人のことを地に落としますが、教えに「騙し」と意味づけた人は、信者の使う教えのネズミ講型の手法を取ることへの信用が地に堕ちます。
それでも教えの地位が、人からの信用以上のものを得られるかのように接近する信者を見ると、その盲目性と教えへの依存性が伺えます。《 一闡提》

PageTop

この教えの修行の成果とは

ネット上の質疑によって、随分と信者への対処にも心の波風がたたなくなりました。
この教えの修行の成果とは何なのでしょうか。
その目的から考えてみると、「教えを歩まないと幸福になるはずのない決定論を肯定する目的で、不幸な振りをしたり、攻撃的になったりする。」その意図が感じられます。
「勧誘できる人になる目的で、人望を得る人や、嫌われない性格となる。」「しかし、教えの為ならばどこまでも嘘をついても悪気がない。」「自分が変われば相手が変わる。」相手を操作するために自分が変わろうとする修行です。
ネットでも共感されるその異常なまでの執拗さが、「何かある。」と思わせてしまうかも知れません。
教えの目的を達成するために装う、またはそうした人格になってしまった信者の人格は、教えに救われない恐怖心をはらみながら執拗に人を巻き込もうとする行動を静かに続けます。
または、新興宗教を信じている劣等感から生まれる優越コンプレックスとも取れます。
そんな修行の成果に落胆させられながらも、泣き寝入りを強いるこの教えに狙われても、不幸を最小限に抑える対処法はあるはずです。教義は後から取ってつけなければ成り立たないから、やり取りを避けることが教えを断つ一つの方法です。《一闡提》

PageTop

人を不幸な気持ちにさせる教え

信者が教えの手口を知ってしまったと思われる人に対して、不幸なことが起こった時に教えに戻ることを狙うのも手口です。
真澄寺のお守りを渡すこともあります。
信者から教えを信じないことで攻撃されることは避けるに越したことはありませんが、余りに手口が見え見えの、単純なものですので、無言になってしまいます。
それは人に教えによる不幸な気分を与えることですが、スマホなどを使い、ブログの原稿を書く動機になります。
将に、ネット上のコンテンツではなく、信者の心無い行動が即ネットコンテンツとなり、その酸素となるものは信者に煽られた感情です。
教えの集会や接心などの取り組みよりも早く、教えの弊害情報がネットでの燃えるものであるコンテンツとなる、信者の心無い働きかけです。《一闡提》

PageTop

真如苑の教えはご利益信仰では無いか

真如苑について、そのご利益が前面に出されますが、勧誘時には仏教の修行です。
しかし、法要時に般若心経を唱えたかと思いきや、目をつむり、法要を終えて目を開けると、伊藤家の人々の胸像や肖像画が目に飛び込んできます。しかも、目をつむった後ですから、知覚のコントラストによって、後光が差して見えるかも知れません。
双親さま、両童子さまを祈るところ、大きなお力が流れてきますが、そこにはもう、真如霊界や抜苦代受などの真如苑独自の力しかありません。
真如苑がご利益信仰ではない理由の一つに、「他が為の教え」であることが言われます。それは、人の為に行うことで、その結果お力が流れるので、ご利益信仰ではない、という解釈となります。
他を救う、とは「人を勧誘すること」というのは置いておいて、真如苑のお力に、正しく修行ができるための障害を取り除くためにすがることは、ご利益信仰ではない、とされます。霊、因縁によって病気、人間関係などに縛られていては、正しく修行ができません。だから、修行して供養したり浄めたりすることは、ご利益信仰ではないとされます。
そのくせ、他宗教の神仏に頼ると「返せ!返せ!」と代償を求められ、因縁となってしまいます。ご先祖様が他の信仰をしていて、因縁となった例は沢山示されていると思われます。
ここでご利益信仰を考えるに、真如苑は本当にご利益信仰ではないのでしょうか。他宗教とは違う、代償を求められないお力が頂ける宗教と言っています。「感謝ですよ。報謝ですよ。」と大きな法要では「感謝」と書かれた集金袋が並べられながら。〈一闡提〉

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。