FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

頭で考えることを罪にする宗教

信者の思考停止がその教えの威厳を保つ手段でもあります。
衆生に開かれた宗教とも言えるでしょうが、手口がネズミ講型となっていることまで気づけないのは、倫理観や生活していく上での危機感も欠如します。だから、周囲との軋轢を生み、教えで示される因縁と関連付けられ、さらなる精進を示されてしまいます。
両親が騙され続けることもありますが、片親が騙され続けて、片親が気づいてしまうと、その対処に気を付けなければなりません。
信者は非信者に攻撃的となり、非信者が教えを否定すれば、信者の恐怖心を引き起こすトリガーとなります。
そうした軋轢は、教えから仕組まれていたものであり、そうした信者の周囲との軋轢が、信者に教え寄りの取り組みを促すのです。
知識としてそうした心理的罠を知るのと知らないのでは、教えに利用され続けるのと、対処して被害を最小限にとどめるまでの違いがあります。信者を下手に刺激すること、即ち教えに利用されることなのです。<一闡提>

スポンサーサイト



PageTop

教えを信じないと駆逐される教義の真如苑

この教えは遍く人類を救う仏教系の信仰宗教です。
しかし、何かがおかしいのです。教えを信じない人が救われず、不幸になって行くエピソードを教団施設内で流されて、教えを信じなかったり、否定したりする人を攻撃しようとする心理が、信者に植え付けられるのです。
それらの結果として、被害報告がネットに流れます。その後始末を教団側は「一部の心無い信者の仕業」であるとか、「教団はその様に指導していない」というスタンスです。
新興宗教に騙されないためには、自らの判断力が大事であると言われます。集団の力の働いた教団施設内で洗脳されてしまった信者の言動を、冷静に判断して、対処しないと、加害者になってしまう可能性もあるのです。〈一闡提〉

PageTop

教えどおりに生活することの思考上の弊害

真如苑の教えを信じると、普段の生活の些細なことが霊界からのメッセージ、つまりリブライだと思わされます。それらを指導者に相談すると、真如苑での取り組みが示され、接心で救われない霊や取り組みが示されると、日々それらを念頭に生活することになります。
そうした生活の中で陥りやすいのが、信者の有り難い最高の教えに結ばれた選ばれた人という意識です。それは一般人に対して霊界から羅針盤を示された安全な生活と思い込まされることです。
信者としては人をその有り難くて安全な生活ができるために、教えに勧誘することが人のためであり、自分のためであると思わされているのです。
しかし、そのような有り難い教えならば勧誘しなくとも人は寄ってくるものです。現実的には90万人の信者数は1億2000万人の人口に対して1000人に7、8人の割合です。更に無断入信も伴う幽霊信者を省くと20万人か30万人の実働信者とも言われます。そうなると1000人に2、3人の割合となります。
その様な割合の信者の一部と言われる人がネズミ講型の教えを仏教と称して勧誘して、勧誘された人が不快な思いをしてもそれらは潜在化していたでしょう。
しかし、ネットの繋がりによってそれらの被害が被害として認識され、その手口が明らかになってきていることによって、信者の行動を左右する思考が危険であることが明らかになっています。
それは真如苑だけで示される霊、因縁によって不安を煽られることが原因です。それは安心ではなく人をノルマのように勧誘しなければ自分が危ういと思う不安です。その様な思考で行動している人たちが人を幸福に導くことができるのかは疑問です。信者の行動には人の不幸を見つけてそれを霊、因縁に絡めるような情報の引き出し方をします。それはかつてその信者がされて不安を煽られた手口と同じです。
真如苑活動の弊害は、そのような不幸の連鎖を煽ろうとする事にあります。<一闡提>

PageTop

VIP待遇

「アンタの考えは、あまりにも幼稚だ!」
かつて、経親が私に吐いた暴言です。
ネットワーク商法の化粧品やサプリメントを、家庭集会の直後に所属に売っていた経親。その行為を許せないと思う私の気持ちと、そしてそれを部会長に訴えた行為を『幼稚だ』と言うのです。

相手を下に見てるからこそ、相手を幼稚だと言えるのでしょう。

家庭集会とはいえ、それは近所付き合いの延長でもあるのだから、ご近所にネットワーク商品を売って何が悪いのか?という経親の道理が、私の凛とすべき潔白さを上回っているのです。私は、その感覚を身勝手だと言ってはばかりません。

その経親の行為は、果たして他人様の鏡として、世の円満な指導者として、誇れる行為なのでしょうか。私にはどうしても、ホンの少しでも「経親が勧めるから断る訳にもいかないし。。。」と感じる要素があるならば、それは慎むべき行為だとしか思えないのです。
本当にそう感じる(迷惑と思う)のか、それとも何も考えずに「良いと思ったから買う」と感じているのかは、私の論点ではないのです。それは道徳観念や倫理観が起点であり、『梨下に冠を正さず』という毅然とした態度を取れるのかどうかという問題です。
「立場を利用して、金儲けをしようとする浅ましい態度」と言われるような隙があってはいけないのです。
それは、「世の円満な指導者」など目指さなくても、人として恥ずべき生き方をしているのかいないのか、と考えれば自然と導き出される毅然さです。

けれどもこの考えが、経親に言わせれば幼稚だということなのです。「俺は男として熱い(生き方をしている)から、(幼稚でセコい態度は)許せない!」と、電話口から大声でヤクザ口調で怒鳴り散らす、経親にとっての要因なのです。

Yahoo!知恵袋で、信者から「余りに幼い」と罵倒された方の質問を拝見しました。
私はそれに回答する際に、どうしても上記の出来事を思い出してしまいます。そこに書かれている信者の言い分は「お金(苑費や施餓鬼など)を(義母に)立替て貰っているのに(無断入信が迷惑だなどと)たてつくとは何事だ」「名義を貸すことすらできないのか」などという、信者中心の身勝手なワガママが、正論としての起点になっています。
それらができない(受け入れられない)のは「幼い」のだと。つまりは人間として成熟していないと言っているのです。

あり得ない理屈です。

しかも、その質問者様が無断入信をさせられていた結果として、質問者様が死なずに、身ごもった子供が代わりに死んで行った。流産は質問者様にとって「自分が死ぬ」という大難が小難で済んだ結果なのだと、理屈が展開されて行きます。
更に、「素直に入信して信仰(つまりは苑活動)していれば、誰も傷つかないで済んだのに」と言うのです。

真如苑活動(信仰)さえしていれば何かが許されたり、特権が与えられたり、人生のインサイダー取引ができるわけではないのです。
活動(信仰)を盾にすれば、何事も許されるという事ではないのです。
その辺りの、一般的なバランス感覚がほとんどの信者は欠如しています。

信者の言動、上から目線での物言いは、「真如苑こそが唯一無二」という捏造された定義を頭から切り離さない限りは続くのでしょう。
自分が(つまりは苑が)正しいというバックボーンは、人の営みとしての正常なコミュニケーションを阻害します。それは人生からVIP待遇されているという勘違いが生み出す横暴です。
入信さえすれば、誰しもがその待遇を受けられるという、間違えた解釈なのです。
<谷居>

PageTop

人の気づかぬスキマ産業

この教えは信者に向けて「1000年続く教え」「最高の教え」などと大々的に持ち上げられていますが、一方で外からの問い合わせに対しては「霊能など無い。」「仏教の修行をしているだけ。」などと応対されます。
その性質は人の心の気づかない部分を満たすスキマ産業であり、ネズミ講の部分や実は救いが無いことを知られてしまうと市場として成り立たないのです。救いは泡のようにパチパチと弾けて無くなります。
「そんなものになぜ引っかかるのだろう。」ほとんどの人がそう思うでしょう。
しかし立ち止まって考えてみると欺瞞が見えてきます。このスキマ産業の敵は正常な判断力です。だから正常な判断力のうちに欺瞞の構図を知られてしまうと正常な判断力を奪うことができなくなってしまいます。
正常な判断力を奪う手段がさも自分の判断で行動したかのように思わせるマインドコントロールです。
信者を褒め、浮き足立たせてマインドコントロールが働いてくると下げたり上げたりする。大歓喜という霊能の下の霊位になると下げ続けられても喜んでさせていただく共依存状態にさせられます。
煙のように人の心に入り込んできて恐怖心を煽られて霊、因縁の恐怖にリアリティを持たされてしまった時、正常な判断力が奪われてしまい、救いをもたらしてくれる教え無しでは生きられなくなります。
そうなるとネズミ講の勧誘行為も尊い取り組みとなり、人を救う行為が人の不幸を霊、因縁に置き換えて教えに頼らせることとなってしまいます。
そうなる前に教えの欺瞞の構図を知り、正常な判断力を奪われないようにすることです。〈一闡堤〉

PageTop