FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

本当に一部の心無い信者か

教え被害がネットで質疑され、その本質は一部の教えの分からない心無い信者の仕業と言われます。
N君は教えの肯定、否定に反応的な信者が養成され、自分が教えのお力に満たされたと思い、ただひたすら信じている信者が教えに満足していることは否定しません。
でも、教えのお力はいつまでも待ってくれません。勧誘して人を救わなければお力は流れてこないと言われます。
教えに示される霊、因縁に守られていないと不安な信者は勧誘しないといられません。それでも、まっすぐに教えのお話しをしてその人が同意した上で手続きをしてもらうのならば、信教の自由は侵していないと言えます。
最近のYahoo!知恵袋の質疑で、家族入信についてN君は疑問を持ちました。家族の一人が入信することで、家族入信してしまい、いつの間にか信者登録されて結婚して独立しても、独立願いを出されて信者のままという状況です。
これこそ、親族間で展開されるネズミ講型信者数拡大方式であり、今人数が伸びている新興宗教と言われる原因とも取れます。
ネットの質疑に見られる信者と思われる人による確信犯的回答からも、「なるほど!」と思える発言が見られます。Yahoo!知恵袋で「真如苑」で検索をどうぞ。
集会などでしか言われないような教義の内容がネットでも示されるのか、とも思いながら、十年以上前に家庭集会で「この内容は智流院(当時の教えの学校)でしか伝えられない内容である。」と言われたことを思い出すN君でした。
霊、因縁による恐怖から救ってくれるお力を示してくれる教えをカモフラージュするかのような、仏教の教義を含むものを取り去っていくと、教えのマッチポンプの手法を意識してしまうN君でした。まるで「火をつけておいて、消しにきてやった」かのような。【一闡提】

スポンサーサイト



PageTop

正しい教えは誹謗中傷される?

Yahoo!知恵袋で20年来の信者さんらしき人の疑問や、「無断入信をYahoo!知恵袋で騒ぐ数人」と極端な表現をする人などを見て、とてもタイトルの様な方便は成り立たなくなっていると思います。
教えの方便で誹謗中傷を想定するのは、「そんな得体のしれない新興宗教」的な表現ではないでしょうか。
それに対しては「教えを分かっていないから」と模範的な回答ができます。
しかし、「平然と無断入信がされている。」「職場などの社会的関係を利用して勧誘」「親の権威を利用して強制」「数枚のカードを一人で通している。」など、悪質性のある取り組みが明らかになってきても、一律な方便しか言えないと、やり取りが噛み合わなくなってきます。
社会通念上、無断で個人情報を使うなど、倫理に反している行動も、訴えられるなど明るみに出なければ教えの為になるから許されると、上から目線で肯定する信者を教えの鏡とするならば、とても教えに魅力を感じません。
そうした教えの悪しか表現できない信者が残り、違和感だらけの働きかけをしているのが、現在のネットで書かれる教えの実態ではないでしょうか。
《一闡提》

PageTop

相変わらず知恵袋では質問が絶えないのですね。

真如苑も、段々とそのデタラメが晒されてきているなと思います。

ネットの情報は玉石混合ですが、実体験に基づく真摯な書き込みは、伝わるのだと思います。

幸せを願う気持ちにつけこみ、あさましく金を搾取する『宗教法人』の団体、真如苑。
法人格を取得してなければ詐欺。宗教の名の下に合法詐欺を行っているに過ぎません。


真如霊界から見える事象を拠り所として、500円のゴマとセガキを無心する。
真如霊界と繋がると言って、1,000円~5,000円の接心料金を徴集する。
教徒の歩みだと言って、家族・知人のネットワークを差し出させる。
霊能発動と称して、苑の言いなりにさせる。

余りにバカらしくて、声を荒らげる気はなくなってきました。
淡々と、疑問に思う方々に回答していければいいなと、思うのです。


谷居

PageTop

信者との距離感を大事に

Yahoo!知恵袋をはじめとしたネットでの信者の行動を知ることができるのは、被害を減らすのに役立ちます。
これから勧誘されようとする人は疑いを持つことができますし、既に教えに関わってしまった人は信者との距離間を調整することができます。それは同時に信者が関連付けようとする教えの因縁と自らの境遇を結びつけることなく避けることができるということです。
対処法はパターンを知ることですが、手口がワンパターンである事を知ると、対処法も絞られてきます。
自らが動揺することなく、信者を刺激することなく、信者に付け入る隙を与えないことです。「何かある。」と思わされると興味を示したように思われます。動揺して否定してしまうと信者を刺激してしまいます。信者のテリトリーに行くとマインドコントロールが待っています。「興味を示さず」「否定せず」「行かない」ことです。〈一闡提〉

PageTop

批判や苦情を中傷と言う信者

中傷とは「根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること」です。「無断入信させられた。」「教えを信じなくなった人が嫌がらせをされた。」など、理不尽を信者に被った事は、信者に言わせると教えに対する中傷です。
それならば、「貴方の先祖がご利益信仰をして因縁をつくってしまったので、貴方が浄めなければなりません。」と言う霊言は根拠が無ければ中傷ではないでしょうか。
根拠のことははぐらかして、教え絶対の基準によって教えを悪く言うことは根拠のない中傷であるというスタンスです。
この先この教えを支える人は増えていくのでしょうか。人の境遇に付け入り、根拠のない因縁を付けないでほしいのです。
そんな中傷に屈しない人が増えてほしいと思います。〈一闡提〉

PageTop