FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

緋色さんのブログを拝見して思うこと


反 真如苑 新興宗教に嵌った信者を親に持ち。 ある信者さんの思考について・2 


緋色さんの主旨と、私のアンテナに引っ掛かった部分とは相違しているかもしれません。

私がこの記事に対して深堀りしたいのは、下記の部分なのです。

>理解しなくて、結構です、死ぬまで理解しないでアンチ活動を続けて下さい。
>仕方ありませんが、苑を外から見て教えを理解しようとしても不可能です、
>永久に理解出来ないままアンチ活動を続けて下さい。

上記は、随分とまぁ酷い言葉だなぁと思うのです。

ちなみに・・・ですが、緋色さんは単に「苑を外から見ていた」というわけではないはずです。実際に苑に出向き、事務局員とやりとりも交わしているのです。ですから『苑を外から見て教えを理解しようとしても不可能です』という言葉は、日本語として間違えているのです。この場合は『苑の教えを実際にやらないで(歩まないで)、教えを理解しようとしても不可能です』というのならば言葉としては合致しています。ただし、この発想(歩まなければ判らない)ということ自体が、如苑の虚偽性に直結していることですから、信者は自ら墓穴を掘っているのです。それに気づかずに鼻息荒く語っている姿は滑稽としか言いようがありません。

さて。この方は信者で
>私は、真如苑の教えには微塵の疑問も不信感も持っていません
と自ら書いているのです。

だとしたら、この方にとっての“三つの歩み”とは、一体何なのでしょうか?
“人類、地球、宇宙を救う”というスローガンは、この方に一体何をもたらせているのでしょうか?

真如苑が唯一無二で、それだけが素晴らしい教えだからこそ、この教えでしか救われないのだと信者はだまされている信じているのです。その、究極の教えをぶら下げておきながら「死ぬまでアンチの活動を続けてください」と言える神経が、私には理解できないのです。

この方が“三つの歩み”を行う時には、緋色さんや私は“お救け”から除外されるのでしょうか?
以前にも記事にしましたが、私が谷居と名乗ってこの方の所に行けば、リジェクトされてしまうことでしょう。所が私が谷居という名を伏せ、とあることで深い悩みを抱えたままで、この方のお隣に引っ越したとします。近所づきあいの手前、そこで私がこの方に悩みを打ち明けるのです。そうすると、私はこの方にとっては“お救け”の対象者へと変身するというワケです。

信者の都合によって、コロコロと非勧誘対象者が勧誘対象者へと変わるものなのでしょうか?

この方がアンチ真如苑一派に対して吐く毒は、真如苑という“村”の外に向かって吐かれる毒なのですが、真如苑は三つの歩みの中にある勧誘ノルマによって、村の外にいる人たちを村の中に引き込まなくてはいけないのです。その時に、かつて自分が吐いた毒が残っているかもしれないという想像力は、この方には決定的に欠落しています。いつしかその毒が、自分の村の中に入ってくるかもしれないという考えは、一切抱かないのでしょう。まぁ何と言うか、大バカ者楽天家とでもいいましょうか。。。


真如苑の活動(信仰)を俯瞰してみると、首尾一貫という言葉がまるで当てはまらないのです。大スローガンを掲げ、あまねく一切を救うと言いながらも、二枚目の舌では「死ぬまでアンチの活動を続けてください」と言うのです。「真如苑の教えには微塵の疑問も不信感も持っていません」と言いながらも、アンチ一派には“お救け”を試みようとしないのです。真如苑の教えの根幹に、“三つの歩み”があるのに、です。

二枚舌を使い、自分が所属するテリトリーの外に対しては毒を吐いておきながら、他人に対しては「赤い色のサングラスをかけていれば、真っ白な物も赤く見えてしまいます」などと言って、それが説得力のある言葉だと思いこんでいる浅ましさ。本当にこの方は単細胞愚直とでもいいましょうか。。。

赤いサングラスをかけていても、「赤く見える」という白いものは、普通は“白”として認識するものです。赤く見えるのはあくまでも表面上のことであって、白はどこまでいっても白なのです。この方の理論では、白は普遍の白ではなく、掛けるメガネでコロコロと赤にも黄色にもなってしまうのです。それはこの方が“白”と主張する真如苑に普遍性がないということを自ら主張していると言っても良いのだと、私には思えます。<谷居>

スポンサーサイト



PageTop