FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

ネットで良く言われない教え

N君は教えに囲い込まれる思考について振り返ってみた。
何か思い通りに行かないとき、霊、因縁が示されて、この有り難い教えで取り組んでいれば安泰であるかのような楽天的考えであった。
教えに見切りをつけたのは、ずるい取り組みを平気で行う指導者に醒めさせてもらったからである。それはそれで自分は助かったが、そうした取り組みをしている人がいるから教えが成り立っているとも思える。
一部の心無い信者が行っている半ば強引な取り組みは、様々なパターンで、また共通点も見られながらネットで質疑されている。
それら質疑が、「正しい教えに耐えられなくて感情的に教えを批判している」と一律に言われていると、N君は思っていない。
明らかに倫理を逸した信者の取り組みを、「まだ修行中の身」であるとか「一点を磨いているから」では片づけられないような現実的質疑がYahoo!知恵袋などで行われている。
それでも秘密裡に信者が取り組んでいれば、この教えは続くのだろうか。
N君は破綻しつつある地方の奉仕体制も見ながら考える。そして信者が勧誘すればネットで調べられ、あまりに酷いと質疑に発展する。《一闡提》

スポンサーサイト



PageTop

人の感情を煽る言葉

Yahoo!知恵袋の質疑を見て、信者の言葉に引っかかりを感じます。違和感と言っても良いでしょう。
そしてそれに向けて疑問が投げかけられます。
信者にとって、先ずは正しい教えがあって、それを学ぶ人の一部が被害を与えているという認識が見られます。
教えは悪くない。ほとんどの信者は悪くない。でも、教えを批判するのは人権侵害である。
これでは、信じたくないのに信じさせられようとされている人の感情を煽り、炎上してしまうのは必然でしょう。
それでも、被害を被った人たちが泣き寝入りしては、秘密裏に信者が活動し、信教の自由を侵害することが加害であることを盲点とされている信者が、人を救うと称して同様の事を繰り返します。
そこを盲点としないように、被害を減らしていくのです。《一闡提》

PageTop

人の不幸への介入

人間関係のトラブルは、人の領域に介入するところから始まります。
信教の自由が守られて、自らの意志の下教えを歩んでいることになっていても、その教義が勧誘を必要とし、人の不幸を霊、因縁に結びつけることが必要になってくる以上、信者は人を観察し不幸を見極め、そこに介入しなければなりません。
教義の中で、その介入が人を救うことであるかのように洗脳されるので、被害を受けた人との話は噛み合わなくなります。
その噛み合わない問題は秘密裏に何事もなかったかのようにされてしまっていましたが、ネットで被害の共通認識が分かってくる中で、信者が人の不幸に介入し、勧誘しにくくなっていることは確かでしょう。
周囲が信者のことが心配で、辞めさせようとすることも介入に当たり、それもトラブルの原因です。しかし、教義において、教えは正しいが故に批判され、誹謗中傷されることが予言されています。
だから、「誹謗中傷」という言葉がトリガーとなって、信者に埋め込まれた、「更なる精進」というアンカーが信者の中に蘇ります。
そうした教えによるトラブルの導火線に火をつけない対処法が「行かない」「興味を示さない」「否定しない」です。〈一闡提〉

PageTop

いずれ分かる教え

真如苑の信者が「いずれ分かる。」と無断でも入信させるなど、勧誘の機会を探り続けるのとは反対に、騙されていたことに気づき、離れていく人もいます。
歩みの止まった人は大きな行事の際に「もう一声。」と誘われますが、教えを否定しだす人には「堕ちた人」の称号が与えられ、その人からの情報を遮断され、見下されます。
「堕ちた人」はその疑問について、確認する場がありませんでしたが、かつて信者側の荒らしに錯乱されていたネット掲示板等以外にコミュニティが作られ、言葉の意味や対処法などが論議されて今日に至っています。
それらの功績として、教えに疑問を持ち、その人の周囲の信者から静かな圧力をかけられて迷惑を被っている人が情報を得られ、一人で悩まなくなり得るということです。経験者とやり取りすることでその手口や傾向が同じであることに気づけ、対処法としての知識も得られるのです。
一人が語り、五百人、千人が語るようになれば、不特定多数に波及します。遠回りせずに対処法を知ることができるのです。〈一闡提〉

PageTop

教えの植え付ける既成事実と教えを否定する既成事実

信者が働きかけられる、お寺と言われる場所で「こう救われた、このようにして救われた。」と話を聞いて納得することで、教えのお力の既成事実となり、信者の信仰の向上心となるのでしょう。
他方でも既成事実が積み上げられていきます。教えを信じたくない人や疑っている人に対して信者が働きかける、上から目線の働きかけです。
それらはネットの無い時代には既成事実になる前に揉み消すことが可能でした。誰にも相談できないからです。
しかし、ネットでおかしいと思える事を論議することで、信教の自由の下、蔑ろにされていたことがあると意識すると、教え被害が既成事実となっていきます。
過去に見た掲示板荒らしにみられる錯乱は、教えを否定する思考を既成事実にしないための工作として横行していました。
現在は、勧誘されればネットで調べ、その手口の傾向がつかめるため、信者の謙った勧誘時の態度の裏に潜む意図が既成事実として認識されつつあります。
そうした信者の働きかけが、一部の心ない信者だけではないことが既成事実としてネットに積み上がって行くならば、冷静な対処法が既成事実として積み上がり、心ない教えを遠ざける力となるのでしょう。<一闡提>

PageTop