FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

現実問題にすり寄り架空の問題にこじつける教え

~一闡提~ 2010/02/28 22:32

実生活での精神的な問題に苦悩する人々が、精神的に弱っているときに、み教えの使徒(信者)がすり寄ってきて、答えを求められるかのようなコメントを発します。その段階でおかしいと思えれば良いのですが、そのコメントに惹かれてしまうと、また、その人を誘う信者のイメージを信用してしまうと、次の段階に行ってしまいます。
信者は「自らが助かる」という目的の下に、人を助ける(導く)ことがその目的の手段であると思い込まされて、善意も伴いながら邁進します。
その根拠としては、「有り難い教えを仏教の修行をして開いた人が、霊界との交信ができるようになり、現実の問題は霊界から示される先祖の苦しみを解消していないことによって」助かっていないと思い込まされます。
そうした妄想が教団の資金源になっていますが、その囲い込みのために潜在的に、半強制的に囲い込まれる人たちの被害が問題となっています。
それをおかしいと思えるネットワークが必要です。
おかしいと思えることが大事です。


スポンサーサイト



PageTop