FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

「徳」という通貨に金銭をすり替えられたネズミ講

~一闡提~ 2010/04/27 12:25

「徳の貯金」という言葉に象徴されるように、この教えでは金銭の流れが見えず、金銭の価値のように「徳」が位置づけられています。
「徳」という目に見えないものを沢山積まなければ助かることができないと信者に思わせることで、その裏で流れる金銭を意識させない効果があります。
同時に、徳という通貨が所属を沢山誘うことで自分に流れてくるという手法によってネズミ講的に広まり、その裏で流れる金銭は教団に流れることになります。これは表面上ネズミ講ではありません。ネズミ講の様に金銭が流れないのですから。
そして、人類地球宇宙を救うという言葉に込められているネズミ算式に信者が増えていくという現象も実際のネズミ講と同様にありません。
それは、マインドコントロールが完全ではなく、気づいてしまう人がほとんどだからです。
しかし、不完全と言っても、その驚異が無いのではありません。一度はまると、一生騙されたり、何年も騙されたり、心の後遺症から回復するのに騙されたのと同じだけの時間を費やさなければならない場合があります。
「おかしい。」と思っても周囲に相談できない状況は、組織や親戚関係などを利用した集団圧力によって、ネズミ講型の取り組みを表面に出さないようにコントロールされます。
そうしたものに対抗するために、ネットを通じた情報共有が必要であり、全国各地に対策できる人が増えることを望みます。

スポンサーサイト



PageTop