FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

個人崇拝と思わせない教えの手法

~一闡提~ 2010/08/24 20:51

N君は信者として6年も信じ、おかしいと思い脱会してから4年目にして、「教えは凄い」とも思っています。
カルトに関する情報を見ると、個人崇拝が言われています。しかし、この教えは教祖や教祖の妻、2人の亡くなった子供、現在の苑主などがそれぞれの力を発揮し、それぞれが神格化されていて多神教のようなイメージを持たされています。
信者から「キリスト教やイスラム教は一神教だから争いが多い。しかし、仏教は神様が沢山いるから争いが少ない。」と聞いたことがあります。
今、N君は「なるほど。」と思うばかりでした。
カルトの定義を「そうではない」と思わせるような運営をして、「被害を被害では無い」と思わせながら、「苦情は一部の心ない教徒が教えを間違って行っているから関知しない」と主張する手法がN君には思い浮かぶのでした。
しかし、騙されているとしても、信者を一概に擁護できないN君がいるのでした。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。