FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

脱会者をも再度引き入れようとする広い意味での「勧誘」

~一闡提~ 2010/09/22 14:06

教えに繋ぐことが第一義として勧誘が展開されていることはよく書き込まれていることです。
そして、信者は常に人の不幸を観察し、み教えの示す霊、因縁にその原因をこじつけようとしています。
しかし因縁(向上しなければ因縁に倒されてしまう恐怖)は待ってはくれません。それ故に勧誘実績を上げる為には「無断入信」「騙しによる勧誘」も認められている実態があるからこそ、非信者、生まれてから宗教に関する選択の余地のない二世、三世にも疑問を抱かせています。
それら教えに対する疑問や嫌悪感を避ける方法として教団は他の新興宗教と同様「思考・行動・感情・情報のコントロール」をしようとします。
しかしそれらは閉鎖された空間で秘密裡に行われなければなりません。そうしなければマインドコントロールが成功しないからです。
その構造を知らない信者が思考停止させられた状態でただ信じ、教えの為ならば相手がどう思おうと関知しない態度で(善意で)因縁地獄に人を引きずり込むように行動します。
なかなか信じない家族や周囲の人、一度脱会した家族や周囲の人に対しても教えからの「不幸のメッセンジャー(使者)」として不幸を振りまく結果となるのです。
最近の各掲示板などに「情報のコントロール」を意図する書き込みが見られますが、逆効果です。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。