FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

N君の緩やかな教えへの対抗

~一闡提~ 2010/11/10 21:54

N君は教えで禁じられたネットでの教えに都合の悪い情報を読み続け、発信を続けています。N君はすでに脱会者です。もしかしたら、無断で再入信させられているかも知れません。しかしそれをN君は調べる気すら起こりません。追跡するだけ無駄だからです。
N君は同居する配偶者信者を教えの事に関して全く信用してません。しかし、子供がいますし、信者が親としての役割を果たしていれば良しとします。しかし、カルト宗教にカネを注ぎ込むことは防止したいと思っています。
N君も以前の様に露骨に否定して信者を逆上させることはしなくなりました。しかし、信者の教えの部分では毅然として油断しないことを決意しています。
マインドコントロールと言ってしまえば説明が済む気がしますが、それは、人の心の奥底まで制御できる恐ろしい手法であると、自分の体験からもN君は思っています。
N君は宗教関係で当該教団が載っている雑誌を買うことにしています。N君にしてみれば資金源の積み上げや、信者数で割られた年間1人当たりの負担額の試算が怪しいと思えるのでした。
そして、N君はそれまでに無かった集金手段をネットでも知りました。「大護摩という取り組みは、それまでに無い形で大々的に宣伝されているのではないか。」そうした変化からも、N君は家族が犠牲にならない様に動向を見て、悪影響ができるだけ及ばない様に、対処法を理解して悪い教えを撃退できる人が増えるのを期待するのでした。

スポンサーサイト



PageTop