FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

子供が接心を受けていたと知ったN君

~一闡提~ 2011/10/31 22:34


N君は、子供が接心を受けていることを知りました。まだ小学生です。
「なぜ真如苑を信じないの。」と聞かれたので、「真如苑は根拠の無い霊や因縁を示して、信者を取り組ませて金儲けをしているから。」と答えました。
子供は、「親の言うことを聞く。」という霊言を実践して学校生活が楽になったと言っていました。
「それは、誰にでも当てはまる言葉である。」と子供に伝えました。他にも自分に当てはまることを言われたが、メモをしなかったので、メモをしてまた教えてもらうように言いました。
N君は心配しながらも、大人でも信じてしまう単純な言葉の罠を、子供が仕掛けられれば信じてしまうことを憂いました。
もしも、親の言ったことが間違っていたならばどういう解釈になるのか。それは、別の解釈を教えられるでしょう。
N君は、子供がこれ以降真如苑に連れていかれることで、誰かを勧誘(お救け)しなければならないことも子供に伝えました。
子供はこれから何をさせられるか分からないのです。
「またお話を聞かせてね。」という会話で真如苑の話を止めました。
なぜ実害があるのか。なぜ迷惑がられるのか。それら理由を子供の成長段階で、子供に分かりやすく伝えたいと思うN君でした。

スポンサーサイト



PageTop