FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

不安を煽るやり口

真如苑は巧妙に不安をあおります。

人生のトラブルや上手く物事が運ばない時には、真如苑は『その原因を信者に明示する』という形で一端は信者に“安心”を与えるのですが、その“安心”の基盤はあくまでも脆弱であり、真如苑活動(信者はそれを信仰と呼びます)を信者が継続させない限りにおいては、すぐに“安心”が崩れ去ってしまう仕組みになっています。

「堕ちるのは一瞬」という真如苑サイドが発する言葉があります。連綿と築き上げてきた真如苑の信仰も、それを信者が手離した時には一瞬でダークサイドへと堕ちてしまうという言葉です。私はその言葉に、慈悲を感じ取ることができません。それはすなわち「不安を煽る」という以外の何物でもないからです。

暖かい言葉。優しい気持ち。思いやり。他がための取り組み。マナー。そういった、小学校での道徳の時間のような幼稚な言葉たち。それらは、真如苑が得意顔で発する言葉なのですが、その舌の根が乾かぬ同じ口から「堕ちるのは一瞬」という言葉が発せられることに、私は不信感を抱くのです。
<谷居>

スポンサーサイト



PageTop