FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幸福と不幸を因縁付ける教え

マインドコントロールという概念は巷の奇怪な事件で取り上げられることもあります。当然、マインドコントロールを悪用する人の場合、「マインドコントロールなど無い。」と言うでしょう。
さて、真如苑にマインドコントロールされる人はどの様な心理に陥っていくのでしょうか。「良ければ教えのお陰。悪ければ取り組みが足りない。」それは幸福も不幸も真如苑で示される霊言によって予知されていると思わされることです。
カルトリーダーはリーダーの言葉を絶対化して信者を操りますが、真如苑では霊言という霊界からの言葉を絶対化させて信者を操ります。巧妙です。
人の幸、不幸の波は必ずあります。それを教えの示す原因(因縁)どおりであると信じさせれば、「教え通りに生活しないと不幸になるよ。」と表現を変えて信者に示せば、信者は思い通りに動きます。
そして、信者が盲信し、教えから労力や金銭を搾取されることに歓びをもって行う信者を増やすことが目的ですが、新規信者を獲得しなければ、搾取され続ける信者が疲弊してしまうため、組織は衰退してしまいます。
だから勧誘が一番の取り組みとされています。ネットで検索されて悪名が知れてしまっても、信者に「ネットで言われている悪いことはウソ。」と言わせておいて、信者の社会的信用を失墜させても勧誘させる組織。
勧誘された人が、いずれは勧誘させられ、盲信させられることを知り得る情報が必要です。そして、盲信して教えを否定されると切れてしまう信者を理解し、教えがこれ以上広がらないように、教えに操られる不幸な人が増えないように、適切に対処できる人が増えることが必要なのです。<一闡提>

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。