FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

「…ではない」の教義

醒めて見ると、「新興宗教ではない。」「接心は当てものではない。」「金額ではない。」「信仰障害霊のせいにしてはいけない。」「勧誘ではない。」「この教えでなければ救われない。」と、否定形の教義が目立ちます。
まるで事実を予め否定して釘を刺すように。
そうしなければならないのは、少しずつ刷り込まれた因縁の恐怖から「教えの力でなければ救われない」という暗示がかかっているからです。そうなるまでには、法要後のプルーフでの信者の言葉も含めて集団の中で受ける力に影響しています。それをマインドコントロールとも言います。
自分が教えのそうした呪縛から醒めてしまうことさえも力をもらえない気がして、「…ではない。」「…ではない。」と疑いを打ち消しながら自ら懺悔していかなければなりません。
その否定の教義の中で向上しなければならないため、「勧誘ではない。」と勧誘できる自分になるために修行しなければならない信者が痛ましくもあります。〈一闡提〉

スポンサーサイト



PageTop