FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

勧誘された人へ

真如苑信者に勧誘されて、不安に思う人は多いのでしょう。
真如苑信者は「世の円満な指導者」という世間では理想の人になるように指導されています。
「お寺に行かないか。」と信者はあなたを誘うでしょう。その目的はあなたを救われない霊から発生する因縁によって不幸にされず、幸福になることです。
信者も同様に幸福になろうとしています。
その目的は宗教として当然でしょう。
その様に救われる人が増えることで信者は人を救うのですから、人を救った信者は救われるのです。
だから断られたり、否定されても「いずれ分かる。」と期待しなければなりません。それが修行なのです。
集会ではお救けできるためのより良い方法が話し合われます。皆教えをただひたすら信じ、祈りをもって取り組みます。
何と素晴らしい教えでしょうか。

それで済むはずがありません。一度教えの行き着くところを知れば、バカらしくてやっていられなくなるからです。
霊能者によって示される霊による因縁は自分への質問に対してそれらしく答えられるコールドリーディング。集会で自分の境遇を知る人からの指導はホットリーディングだからです。
その様な取り組みが教団施設内外で行われています。マインドコントロールを伴って。
「何かある。」と思わせるのは教えの徹底した秘密主義と教えに頼らせて教えを信じさせ、信者に勧誘を一番の取り組みと思わせるネズミ講型の手法を目立たなくさせるものです。
教団施設で行われていることは、行き着くところは勧誘である取り組みを仏教の取り組みのように、最高の教えの取り組みであるかのように思わせる修行です。
それを知り、同様なことをさせられる人になって勧誘行為をして人を不幸の道に導く人にならないように、周囲に真如苑の信者を発見した時点で、手法を知り、警戒しましょう。マインドコントロールは「自分だけは大丈夫。」と思っている人が無防備となりかかりやすいのです。〈一闡堤〉

スポンサーサイト



PageTop