FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

意外と崩れやすい信者の威厳

信者に「ネズミ講型宗教じゃないか。」と言ってしまうと即切れられてしまいます。それは信者の教えを信じられなくなったときの恐怖の表れです。信者はできるだけ遠回しに人を教えの救いに結びつけようとするのですが、救いに至るまでの自分のしてきた取り組みの代償を先に被勧誘者が知ってしまうと勧誘が成功しなくなるために、教えの良い部分だけを見せようとします。
増してや三つの歩みと言われる取り組みを分解されて考えられてしまうと勧誘、お寺のお掃除、献金と知られてしまい、勧誘は失敗となります。
信者自身、勧誘されて以来、教義のことは深く考えないように擦り込まれていきます。
そして、一番の取り組みが人を救うことであり、それがこのありがたい教えに結ぶことと知らされていきますが、それが俗にいう勧誘行為であると思わないように擦り込まれていきます。それがマインドコントロールの成功に近づくことになります。
しかしマインドコントロールは完全ではありません。「どんなに上り詰めても堕ちるのは一瞬ですよ。」と言われます。それはひとたび教えの手口に気づいてしまうと即教えを見切ってしまうことに釘を刺されているのです。
ひとたび勧誘に失敗してネズミ講型宗教に誘い込もうとすることを恨まれて社会的信用を失うリスクや家族からの信用失墜のリスクを最高の取り組みと思わされ、それができないと教団施設のお掃除や献金で貢献させる手口に気づくことなく教団にカネ、ヒマ、社会的信用を奪われようとしている信者は、大船、即ち大乗に乗っていると思わされていますが、実は泥舟に乗せられていることは明らかでしょう。
そのような状況の信者と接しなければならない人が気を遣わなければならないことも真如苑被害の一つなのです。あなたの不幸情報を良き相談役のように聴いてくれた人が、ある日「お寺に行かないか。」と、どのような所か告げずに、密教と称して秘密裏に、個人的に誘ってきたとしたら。適切な対処法を探し出せるようにしておきましょう。〈一闡提〉

スポンサーサイト



PageTop