FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

一部の心無い信者とは

真如苑では無断入信や強引な勧誘をす る人を「一部の心ない信者」と外向け に言われています。 しかし真如苑で救われるためには最高 の取り組みをしなければなりません。 それは人をこの教えに繋ぐ、つまり勧 誘することです。 強引な勧誘は禁止されていますが、そ れにも増して真如苑で救われるための 勧誘ノルマは所々で言葉を変えて信者 に働きかけられます。 以前は勧誘されて不快に思っても、誰 にも相談できないように仕組まれてい ました。しかし、ネットの普及で相談 できるようになり、気づく人が増えて きてしまったのです。 現在はネットで質問すれば見解が返っ てくるのです。その情報の解釈は自己 責任ですし、自らの判断です。同様に 真如苑の取り組みをして何かトラブル があっても自己責任なのです。 過去にネット掲示板が主流の頃、掲示 板荒らしが流行りました。カルト宗教 関係書籍の中のカルト宗教脱会者の手 記で「教団を否定する掲示板を壊滅に 追い込んだ。」という記録を見たこと があります。今はそれが流行るので しょうか。今それをすれば教えにとっ てマイナスイメージでしょう。私は掲 示板荒らしとやり取りしていたときも 同様に思っていました。もう乗せられ ません。 今後教えの矛盾点についてネットで相 談される頻度が上がったらどうなるの でしょうか。一部の心無い信者の仕業 で済むのでしょうか。 心無い信者が問題を起こすのは個人の 問題もありますが、信者にとって教え での向上は死活問題です。そのために 示されるノルマは信者に倫理観を失わ せてまで向上することを強いているの ではないでしょうか。信者が自ら判断 したかのように思わせるマインドコン トロールの手法が使われているのでは ないでしょうか。 醒めた目で見れば、歓喜は献金、ご奉 仕は主に教団施設のお掃除、お救けは 勧誘です。勧誘しなければ救われない 教えはネズミ講の応用です。 そうした疑問をそのままにすると、自 分の狙われた不幸なことや弱っている 心を見抜かれて勧誘されて教えに囲い 込まれ、いずれは勧誘させられるよう になります。 そうさせられるのを予測して、軽い気 持ちにならず、不信に思ったら情報収 集です。質問です。まずは文章にして みましょう。〈一闡提〉

スポンサーサイト

PageTop