FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

RE31:経・経親

世間で主張し得ない、後ろめたい教えを信じているのですから、パワハラできない状況ならば、その欺瞞に気づいた人に主張できないのが当然でしょう。そうした心理も真っ直ぐな信心にする最小単位が経です。
私を気づかせた導き親は教えをただ信じて歩む信心意外に、霊界へのご報告に当たり、ずるい精進によって所属を馬鹿らしくさせた人です。それによって気付かされた人は、地獄に蜘蛛の糸が一本垂らされた事に値します。
今は引退している有能な経親につながる前の導き親に、上から流れるお力を遮断されたことで立ち止まって考えられたことが、真如マインドコントロールを断ち切るきっかけとなりました。

さて、このテーマに行き着くと思っていました。マインドコントロールを個人が意図的に行うことは困難ですが、人に虚言を与えて急がせて、その虚言にリアリティを感じさせ詐取する手口が巷に溢れています。
マインドコントロール、洗脳など新興宗教教団の手法として言われていますが、教団側はそれらの存在を否定せざるを得ないでしょう。

明日からのテーマ変更によって、複数あるマインドコントロール手法と教えのどの取り組みがどう繋がっているかを述べたいと思います。谷居さん、よろしくお願いします。〈一闡提〉

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。