FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

真如苑の非

谷居家が代々伝えている宗派が浄土宗だったとして、それが「何だか変だ」と思う子孫は、果たしてこの後出てくるでしょうか。その宗派に属している事自体を否定する考えを、果たして持つでしょうか。
「浄土宗ではなく、曹洞宗であるべき」と確信し、そこにしか救いの力がないと思い、在家のままでその菩提寺で修していこうと決意する子孫が、出てくるでしょうか。
実に、ナンセンスな空想です。


真如苑が菩提寺を大切にするというのは、巧妙な手口の一つなのでしょう。葬儀は菩提寺に則り、供養は真如苑で行う。それでいて、菩提寺は葬式仏教だから御霊は救われない。

何かのサイトで見かけた言葉ですが、葬儀もしなければお墓もない『お寺』の真如苑施設。それでも、魂の供養は唯一無二だという主張。

突き詰めれば突き詰める程に、矛盾を露呈する真如苑の活動。「救い」というキーワードが、その実態を霧の中に置いているように見受けられます。

信者さんは言ってました。『真如苑にはお墓もあり、僧侶もいる』と。
私はお墓を、オウゲンインで、総本部で、各所の支部で、見たことはありません。
総本部で伊藤家のお墓だけは見ました。

どこかに、霊園でもあるのでしょうか。その霊園も『お寺』と呼ばれ、オウゲンインと同じような活動がなされているのでしょうか。
何が根拠で、信者がお寺と呼ぶ施設に、お墓が立っているというのでしょうか。それでも尚、反苑の言い分には根拠がなく、私怨による書き込みだと言うのです。


いっそのこと『勧誘』さえなくなれば、今世の中に出てくる真如苑へのノイズは半分以下になるのではないか、と思います。

自分たちの活動(信仰)だけが唯一無二。そんな戯言ならば煩いだけで、まだ我慢の余地はあるでしょう。
『真如苑でしか救われないから、信者には教えを広める義務がある』という流れが、そもそもの歪みの始まりなのです。

素晴らしい教えなら、それで結構。
自分たちが救われるなら、それで結構。
家族の幸せを願うのは、それで結構。
恋人の幸せを願うのは、それで結構。

だからといって、何故その周囲まで信者になる必要があるというのでしょうか。
『夫婦両輪のあゆみ』『足元(家族)の和合』『お救け』
そうした活動を信者に課す、またはそう仕向けるということにおいては、明確に真如苑に非があるのです。
<谷居>

スポンサーサイト



PageTop