FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

人が不幸を感じなければ成り立たない教え

真如苑の教えは人を救える最高の教えです。
だから、霊能によって、接心によって不幸が示されます。それら不幸から救われる根拠は定かではありません。同様に接心によって示される不幸も定かではありません。
だから信じる、信じないの問題であって主観の問題となります。そこで示されることも、否定されても信じる、信じないの問題となります。
それで良いのかも主観の問題となります。
そのような主観が勧誘しなければならない教えのために、人に不幸な思いをさせることもあります。救われたければ信じろ、と。
そうした教えの力のこじつけが真如苑被害に発展するのです。そのような悪意の教えの手法に流されてはいけないのです。<一闡提>

スポンサーサイト



PageTop