FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コメントいただきました。

みゅうずさんからコメントをいただきました
「外側」しかみていない。「中身」を理解していないとのご指摘です。

真如苑の中身をいくら書いても、信者の方にはそれが「外側」でしかないというお互いの齟齬に、改めて考えさせられました。

信者の方にとっての中身とは、何でしょうか。
それは恐らくは、「簡単には理解できないもの」であり「頭(理屈)ではなく体(実践)で理解するもの」なのだと思います。

信者の方から考える、真如苑という実態を理解するための信者と非信者とのコミュニケーションとは、信者の方が説明して、それを周囲が理解するのではないのです。
信者の方が苑そのもの(法要であり、家庭集会であり、寒修行でもあります)を提示し、周囲が、それに続いて行くことではじめてコミュニケーションが成立するのです。

信者の方は、説明できない自らの状態を「そもそも言葉や理屈で説明するものではなく、体で理解するもの」とすり替えてしまいます。

やってみて、はじめて分かるものだ。
とにかくやれば分かる。
頭で考えても理解できない。
それが、信者さんの言う「中身」なのでしょう。

それであるならば、私は理解していないのではなく、その中身をきっちりと説明しています。
手練手管であり、手口である真如苑のやり方。
人たらしの綱引き。
経親制度という囲い込みとネズミ講スタイル。

信者の方は、単に「解っていない」と言うだけでなく、「実態は●●●である。谷居の批判は×××であるから違うのだ」と、具体的に示してみることはできませんか?

それと、自らが心血を注いでやっている活動(信仰と信者の方は言いますが)をもし悪く言う輩(私の事です)がいるならば、その人に対して「ご苦労様」などと悠長な事は言えない筈です。

少なくとも私は、真剣に苑の暗黒部分を露呈させようとしているのですから、信者の方に対して「勘違いした書き込み、ご苦労様です」などと悠長かつ失礼な事は言えません。
<谷居>


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。