FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信者のジレンマ

N君はかつて信者として教えに惹かれ、この教えが世界を救うかのような感覚にさせられた。しかし、同時にN君は心が疲れていた。そんな人に入り込みやすい教えだとも思う。他の新興宗教もそうだと思うが。
信者は世間一般にはない救いを感じ、その取り組みの中で上から流れてくる教えのお力を信じ、そのお力が流れてこないことを恐れるようになる。
それは、いつまでも向上せずに教えのお力に浴すことである。向上するには人を救う、つまり勧誘して人をこの教えにつないで救わなければならない。そうしなければ霊、因縁の恐怖から逃れることはできない。今思えば、教えに植え付けられた恐怖を人にも感じさせなければならないから、不幸の手紙と同じであるとN君は思う。
信者は教えを疑ったり否定したりすると教えのお力が流れてこないことを知っている。そう知らされている。だから、教えを信じなかったり否定したりする人は教えの力が流れてこない。しかし、その人が不幸であるとは限らない。信者は、「良ければ教えのお陰、悪ければ取り組みが足りないから。」と思わなければ教えを否定することになる。教えを信じていない人の、教えを信じないことによる危険に気づいていない部分に注目しなければ、信者が教えをやっているメリットを実感できない。それどころか、思考停止させられている自分が、教えを信じない自由な人から論理的に攻められると、自分まで教えに対して疑いを持ってしまうかも知れない。だから、相手に対して「理論理屈」と言って思考停止を促すこともする。
要するに信者は、否定すればお力が流れてこないような不安定な教えに翻弄されながら、自分の心に嘘をつき、教えに依存しながら教えに人を導くことで不幸の手紙を送る様な行為をしながら人の信頼を崩す行為をせざるを得ない立場であるとN君は考える。
それは信者が決断していることである。それをN君は信者が教団繁栄のために霊、因縁によって追いつめられて世間と教団との防波堤となって精神的に消耗させられているとしか見えない。それが信者のジレンマではないか。《一闡提》

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。