反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コメントいただきました。

みゅうずさんからコメントをいただきました
「外側」しかみていない。「中身」を理解していないとのご指摘です。

真如苑の中身をいくら書いても、信者の方にはそれが「外側」でしかないというお互いの齟齬に、改めて考えさせられました。

信者の方にとっての中身とは、何でしょうか。
それは恐らくは、「簡単には理解できないもの」であり「頭(理屈)ではなく体(実践)で理解するもの」なのだと思います。

信者の方から考える、真如苑という実態を理解するための信者と非信者とのコミュニケーションとは、信者の方が説明して、それを周囲が理解するのではないのです。
信者の方が苑そのもの(法要であり、家庭集会であり、寒修行でもあります)を提示し、周囲が、それに続いて行くことではじめてコミュニケーションが成立するのです。

信者の方は、説明できない自らの状態を「そもそも言葉や理屈で説明するものではなく、体で理解するもの」とすり替えてしまいます。

やってみて、はじめて分かるものだ。
とにかくやれば分かる。
頭で考えても理解できない。
それが、信者さんの言う「中身」なのでしょう。

それであるならば、私は理解していないのではなく、その中身をきっちりと説明しています。
手練手管であり、手口である真如苑のやり方。
人たらしの綱引き。
経親制度という囲い込みとネズミ講スタイル。

信者の方は、単に「解っていない」と言うだけでなく、「実態は●●●である。谷居の批判は×××であるから違うのだ」と、具体的に示してみることはできませんか?

それと、自らが心血を注いでやっている活動(信仰と信者の方は言いますが)をもし悪く言う輩(私の事です)がいるならば、その人に対して「ご苦労様」などと悠長な事は言えない筈です。

少なくとも私は、真剣に苑の暗黒部分を露呈させようとしているのですから、信者の方に対して「勘違いした書き込み、ご苦労様です」などと悠長かつ失礼な事は言えません。
<谷居>


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

批判者は
Aが起きた。これはBという原因があって、だからこそCと批判している。
と言う内容で書きます。
真如苑はくだらない気持ち悪いとは書きません。

信徒は
やってみなくてはわからない。
苑はすばらしいんだ。
その理屈と筋道をなんら具体的に説明できません。
そもそも、無断入信は野放しにされ、平気で伝統仏教だと嘘を言い続ける団体にやってみなければわからないなどと平気で×無神経、無知さに呆れるばかりです。

根拠と理屈をもって苑が素晴らしいかできるのから説明してみなさい。
根拠と理屈をもって批判者の批判を崩してみなさい。
どうせできやしないのですから。

緋色 | URL | 2014-07-07(Mon)13:46 [編集]


真如苑信者は堕ちた人の話を聞いてはいけないのです。それは真如苑をかつて信じて辞めた人の言うことや真如苑に被害を受けた人の言うことです。
それを放置できない真如苑やその信者の事情があるのでしょう。でも、教えを否定せずに、教えを否定する人を取り合わないのが前提の教えが、そうできない事情があるのです。
ネットで被害状況や教えの手口を伝えられてしまう状況が、信者にとって、平然と教えを歩んで、教えに浸る事ができない状況です。

一闡提 | URL | 2014-07-08(Tue)06:43 [編集]


あげく信徒の中にはこの手のアンチサイトに書込みされるアンチ否定派のことを「混乱者」だったかな?と言います。
要するに他団体やアンチが信徒を陥れるために書いているというのです。
信徒ならこんなことしない。
だそうで、なんて都合の良い解釈なのかと呆れます。

緋色 | URL | 2014-07-08(Tue)09:08 [編集]


「ご苦労様」は目上の人が目下の人を労う言葉です。要するに上から目線です。
しかし、真如苑信者の上から目線は無理があります。教えの暗部が暴かれれば暴かれるほど信者のすがる教えが頼りなく、大船のつもりが泥舟に乗せられていることが見えてしまいます。
信者が作る輪から「こっちの水は甘いよ。」と声をかけられても、危険な罠にかけられている信者を見て近寄らない人が増えていくでしょう。そして信者一人当たりの負担は増えるのです。

一闡提 | URL | 2014-07-08(Tue)12:31 [編集]


あの書き込みを、苑ってなんだろう。と疑問を思った人が読んだ場合、受け手がどう感じるか想像できないのは、苑が素晴らしいもので信じていない人間を下に見ている心理が働いていると思います。

こうやって信徒は墓穴を掘っていくのです。
誰も理解できなかった大涅槃経を開祖が初めて訳しただの
ローマ法王に認められたの
辞書から新興宗教の記述を消そうとしているだの
信仰を持っていない日本人はレベルが低いだの
書けるのです。
自分たちのモノサシが如何に世間と乖離していうか信徒は理解すべきです。

おおかた、この方も二度と書かないでしょうが、こういった書き捨てが自ら苑の評価を落とすことをいい加減に理解すべきです。

緋色 | URL | 2014-07-09(Wed)09:26 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。