反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ユビキタス時代に起こり得ること

真如苑の教えは家庭の中にあれば、「ただ信じろ。」の教えのため、教えが黒であるかのような発言は許されません。
しかし、パソコンに向かうことなくスマホやタブレット端末でいつでもどこでも情報を調べ、発信できるユビキタス時代に、それが通用するのでしょうか。
教えの中ではネットの悪い情報を見ることを禁じられますが、一般的な教育を受けていて、明らかにおかしいことを言う信者の思考を疑い、どの様な取り組みをするとそうなるのか、原因を調べてみたくなります。特に、教えの二世、三世がネットのQ&Aに「良いことは教えのお陰で悪いことは取り組みが足りないせい。」と親の困った思考を質問しているのを見ると、嘆かわしくなります。
ネットで情報収集することで、本来強要されることのない信教や思想の自由を宗教の名の下侵害されている場合で、下手に指摘すると逆ギレされてあたかも信じない人が悪いかのように最悪感を植え付けられそうな場合、適切な対処を学ぶことができます。
信者を目の前にしてその理不尽な行為がモバイル情報機器によってネットに報告されているかも知れません。
宗教の名の下、蔑ろにされる信教や思想が潜在化させられる囲い込みの手口を信者の周囲の人がよく知り、情報共有することで、対処できることが今後も増えるでしょう。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「取り組みが足りないから。」
彼らが当たり前に使う言葉こそが、彼ら自身で墓穴を掘っています。
傍からみればそれが異常な感覚であることに調べた人は気がつくわけです。
ですが、それですら「うわべだけしか見ていない。」とし、相手を思いやりません。
何故、それがうわべだけしかみていないことなのか?
ではうわべではない、内側を説明できるのでしょうか?

どうでできやしないのです。
それを「取り組みが足りない。」で誤魔化しているだけでなのです。
「命に係わる厳しい教え」と定義して誤魔化しているのです。
今時そんな手が通じるのは盲信者か、にっちもさっちもいかないくらい弱っている人だけですが、だからこそ、信徒は悩みを持つひとの話を聞いてあげておたすけしてさしあげると考えるのです。
一度信仰すれば、繋がりが切れればもっとひどいことが起きると言う言い訳まで準備済です。
本当によくできた構造です。
そして、卑怯です。

緋色 | URL | 2014-08-06(Wed)09:51 [編集]


あるときは「人に理解できない難解な教え」で、またあるときは「誰でも取り組める開かれた教え」と使い分けます。
カルトは信者のレベルに応じて教義を変えると言われます。
事務局で電話応対では「霊能など無い。」と言い、ネット工作では「証拠はあるのか。」と絡み、家族間では「信仰しないお前が悪い。」と言います。
場面に応じてうまく言葉を使い分けているようですが、実は中身の無いその場しのぎの教えとも示しています。
その様な場面に応じてご都合主義の、どこまでも情報操作や印象操作ではぐらかしていく教えの実態が、ネットの質疑で明かされていくことでしょう。

一闡提 | URL | 2014-08-06(Wed)12:43 [編集]


こういった発言の一貫性の無さが、新興宗教ってやっぱり怪しい。と認識されるのです。

緋色 | URL | 2014-08-07(Thu)09:08 [編集]


リブライと言われる自分の身に示される事象して返ってくると、信者当時は疑うことすらしませんでした。教主一族について苑で耳にタコができるほど聞かされていた、非の打ち所がない人格や生活ぶりと、ところどころ教書にも書かれていて柿間見えた実態との矛盾について、今ではどちらが真実でどちらが作り話かよく分かります
教主一家は仏に遣える者として質素倹約ぶりは徹底しており、信者にもそれを見習って倹約し、その蓄えを歓喜して徳を積むように聞かされました。しかし、一方で、継主には学生の時に、アルバイトの大学生の家庭教師をつけてもらっていて、後にその家庭教師は信者になり、苑の中で指導者になった事は歓喜世界や発行誌に書かれるくらい有名な話です。しかも、兄弟姉妹が多く、生活が大変だった時代に、当時は女性で大学まで出る人は少なく、学費もかかる私立大学に行く暮らしぶりは質素というより、金持ちのお嬢様という感じで、いかにかなり裕福な暮らしぶりだったかという事が分かります。

はるママ | URL | 2014-08-07(Thu)22:29 [編集]


徹底的に「教えが黒である」という情報を排除して印象操作しまくる一貫性があります。集団の力を使い、その場で取り組みを続けていると、コミットメントの一貫性となるのでしょう。
そうなる前に手口を知って近づかないことです。
ネットの「教えが黒である」という情報を徹底的に排除しようとしていますが、その手口が一貫して教えの薄さを隠そうとしているという印象を与えていることは確かです。

一闡提 | URL | 2014-08-08(Fri)13:31 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。