反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

敵視されるのは自分たちが敵視するから

真如苑の教えを経験した人や信者との軋轢を感じた人は、元々教えを敵視していませんでした。
私の場合は、真如苑の教えを歩む中で、やけに他宗教を比較広告しているイメージはありました。
しかし、この教えが信じられなくなって、遠ざかろうとしたときの信者の敵視がひどかったのです。
その原因は一度教えの手口がばれると、その手法が伝わってしまうことで、教えの最大の取り組みである勧誘が成功しなくなるために、手口を知った者を信者から隔離するための手法でしょう。
信者が勧誘した人が教えのネズミ講的手口に気づいてしまうと、攻撃的に排除されそうになることが、真如苑被害の一つなのです。
相談接心などで相談を受けた霊能者は、相手と離れるべきか、曖昧な言葉で示します。その様な無責任な言葉に人生を左右されたり、されそうになった人が、被害者として情報発信するのに、やはり信者寄りの人は敵視して何かを包み隠そうとするのです。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

嬉しい!

はじめまして。
結婚して約15年になる夫です。
私も婚約した後に、妻から入っていると聞かされて、すごくビックリしました。当初はそんなに気も留めていなかったのですが、そのうち妻両親も熱心な信者で、実家に行くたび、熱心なる勧誘を受けるなど、段々恐ろしくなっていきました。
ある日、妻のある宗教用の袋の中に、なんと既に私の前の入った、入信届を発見し、妻に激怒したとこがありました。退会したか定かではありませんが、とにかく恐ろしい人達だと思った日から、私は、夫婦関係を良いものに構築しようと思わなくなり、現在に続いております。
妻の接心のメモを読むと、修行が足りないなど、私にも言える様な事が書いてあるのを見て、私は生身の人間や社会に対する修行不足と思えてなりません。
人が何を信じるかは自由ですが、他人に押し付けるのは、ノーサンキューです。
このようなサイトを早く知っていれば良かったですが、今日出会えて良かったです。
このような事で苦しむ人は表にはなかなか出ませんが沢山いると思いますので、今後ともよろしくお願いします!


五感を大切に! | URL | 2014-08-16(Sat)18:33 [編集]


真如苑は潜伏するウィルスの様に人の心に寄生します。何も疑問に思わなければ心に浸透してしまいますし、被害を黙っていても、信者が活動してしまいます。
「私はこんな嫌な想いをした。」そう伝えるだけでも、真如苑対策が広がります。全国で同じ様な手口で展開しているからです。
一人、また一人とその手口を分析する人が増えれば、被害を減らせると信じます。

一闡提 | URL | 2014-08-17(Sun)08:14 [編集]


一闡提さん

私も、ウイルスの様に人の静かに心を蝕み、その人の価値観や良心を壊してゆく恐ろしい宗教だと思います。
これは実際に体験した人しか分からないと思いますが、こうした心の被害を受ける人がいなくなることを切に望みます!

五感を大切に! | URL | 2014-08-17(Sun)11:24 [編集]


五感さんへ

私の場合、親が信徒です。
盲信しています。
私もこちらのブログと同じようなアンチブログをやっています。
そこの相談フォームにも結婚や婚約や後に引けないような状況になってから告白するケースや、「信徒にならなくてもいいから。」と言っておきながら蓋をあければ勝手に信徒にされていた。という相談をいくつも受けています。
信徒は「やった信徒が悪い。」と言いますが、親や相談相手の内容を見るととても私はそうは思えません。
苑自体が信徒がそのような行動を行うよう構造を作っているように私は思います。

この手の新興宗教で怖いのは信仰に関係する行為は「信仰のため」と勝手に信徒が免罪符にしていることです。
本来、勝手に当人以外が入信手続をするなど、私文書偽造というれっきとした犯罪ですが、「相手のため」「信仰のため」という免罪符のもと罪の意識など感じていないようです。
巧妙なのは、なんらかの苑がらみのことをしていれば何かやった気になりますし、うまくいかなくても「精進が足りない。」と言う言い訳を用意してくれます。
彼らは「命に係わる危険な教え」とか「人生をかけて取り組むもの」なんて言いますが、世間一般で生きていくことのほうがずっと厳しいと思います。
精進が足りないなんて言い訳は通じないわけですから。

大変勝手なお願いなのですが、私は子供として信仰を強制されてきました。
私の努力は全て信仰のおかげだったそうです。
もし、子供さんがいらっしゃるなら、なんとか信仰から守ってあげてください。

緋色 | URL | 2014-08-18(Mon)09:34 [編集]


ありがとうございます。

紺色様
五感です。コメントありがとうございます。

ご自身の人生の体験、経験を私にお知らせくださり本当にありがとうございます。
子供の事は、本当に心配でなりません。妻には、子供が成人するまで入信させることは、絶対に拒否するという約束をしており、子供に確認する範囲では、関係者や関係箇所には連行されていないようです。
ご心配のお気持ち痛いほど、ありがたく存じます。紺色様のお気持ちをありがたく胸に再度刻みます!
親は、未熟な年齢で少しづつ親になり、子供とともに親も成長してゆく。その結果が、私達親、子供にとってどうであれ、それも人生として受け止め懸命に生きることが、親の教えに結果としてなるのではと思います。きっと子供が見て感じるのは、良くも悪くも懸命に生きる親、人間の姿であり、何かを拝む姿では無いと思います。
一体何の失敗を恐れ、何を勝ち取りたいのか、幸せって…そんなこと他人様に判断してもらって生きることなんて楽しくないと思います。
最後になりますが、紺色様のますますのご多幸を心より願っております。ありがとうございました。


紺色様 | URL | 2014-08-20(Wed)02:36 [編集]


五感さんへ

五感さん

心のこもったご返信ありがとうございます。
少し補足させてください。
正確には両親のうち、片側が盲信徒で片側は非信徒でした。
(特定を避けるためどちらが父か母かは伏せさせてください。)
非信徒の親はもう亡くなりましたが、自分が親になり思い返すと非信徒親は大変だったと思います。
伴侶は新興宗教の盲信徒、子供とは信仰が原因で親子関係が悪く、信徒親は親戚、近所を勧誘したりでトラブルを起こしていたわけですから。

苑は「足元の和合」と言って家族間での信仰を奨励しています。
信徒親は「家族が信仰しないととんでもないことがおきる」と聞いてきて必死に家族を勧誘していました。
失敗したのは、この時、家族全員で強く反対したのです。
私自身、反抗期もあり猛反抗しました。
結果、苑から信徒親は「お前(信徒親)の信仰が足りないから家族を勧誘できない。」と言われさらに信仰にのめり込みました。
そりゃそうです。
反抗する家族と正面切って対峙するより、苑に通いつめて信仰行為をしているほうが楽だからです。
ですので、なるべく信仰でトラブルになった時は強く否定しないことをお勧めします。

非信徒親は信徒親が私の努力結果を見て「苑のおかげ」と言った後、必ず、「しっかり緋色自身が努力した結果だ。」と言って褒めてくれました。
お子さんがこれから同じような状況になった時、しっかりほめてあげてください。
両親揃って信仰に関わっていたら、今の私は無かったでしょうし、もっと厳しい人生を過ごしていたと思いますし、苑の言う他者への思いやりなんてものや、生き方、困難への取り組みは親が自分の言葉や生き方で示すものだと思っています。
それで失敗したら、親子で取組みしていけば良いだけの話で信仰に原因や逃げ道を求めるような生き方は私も納得ができません。

緋色 | URL | 2014-08-20(Wed)09:32 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。