反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

加害者が被害者面するとき

真如苑信者はどこまでも教えを信じていく強い自分を理想とし、またある時は「正しい教えを歩んでいるが故の、迫害される被害者」を装います。
「正しい教えを勧めている救世主」である信者が、都合が悪くなると「いずれ分かる」と無断入信のような裏工作をして実績を積む活動は、自分助かりたいが故の問題行動であると言えます。
教えを信じない人の前では、教えを歩まないが故の不幸を演出し、「私は周囲が歩まないから不幸」という類の被害者意識を醸し出すのです。
それは救われない霊、因縁に自分の不幸を投影しているが故の、人の背後霊に投影して教えを信じない人の徳が足りないから不幸を克服できないかのように、教えを信じない人の努力不足のせいにるすこともあり得ます。とにかく、教えを信じない人が悪なのです。
いつの間にか、倫理を逸した行為も「教えを信じているが故に許される」という飛躍した解釈となって、「あなたのためにやってやっている」と、被害者のような、救世主のような、加害者となっていくのです。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。