反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真如教徒は被害者意識があっても加害者意識は無い

真如教徒は、先祖の因縁によって不幸にされている不幸な人です。あたかも自分は悪くないかのように思わされます。
一方、指導者は「霊のせいにしてはいけない。」と指導します。取り組みの足りない信者自身のせいです。教えにおいては。
教えを信じない周囲を、悪い存在と思わされても、そう思わざるを得ない信者は、罪悪感を感じません。「教え絶対」だからです。
そんな一方的な思考を、許してしまうのは、信教の自由や、思想の自由を、信者が尊重しないからです。その心の裏をかかれて、自らの思想、信教の自由を侵害されていないでしょうか?そんな観点でも、カルト被害を考えなければ、侵害されるばかりです。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。