反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

侵害は信者が勝手に行うこと

真如苑では、人を救うため、日々修行が続けられていると言われます。
その修行の中で、信者は、「教え通りであれば、幸福であり、教え通りでなければ不幸。」というような、二者択一的、二分法的思考にさせられます。
教えを辞めた人や、教えを否定している人の幸福は否定されるのです。
それは、「家族、夫婦で歩まなければ幸福になれない。」と言われる霊言の如く、信者の思考が原因となって、霊言通りにさせられようとしているのです。
何か問題があれば、「心ない一部の信者が行ったこと。」と片付けられるでしょう。
教えを信者の前で否定すれば、信者に取っての教えを信じない不幸を、否定者に投影して攻撃されてしまいます。
その様な教えが、人を救う、すなわち勧誘しなければ救われないのですから、教えに合わない、教えを信じられない人に取って、不幸を振りまかれる宗教となり、信者をして攻撃的に働きかけられる結果となってしまいます。
誰にも相談できない、勧誘された本人が折れて、教えを信じようとする以外に解決されない悩みが、ネットで問われ続けています。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。