反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教えの植え付ける既成事実と教えを否定する既成事実

信者が働きかけられる、お寺と言われる場所で「こう救われた、このようにして救われた。」と話を聞いて納得することで、教えのお力の既成事実となり、信者の信仰の向上心となるのでしょう。
他方でも既成事実が積み上げられていきます。教えを信じたくない人や疑っている人に対して信者が働きかける、上から目線の働きかけです。
それらはネットの無い時代には既成事実になる前に揉み消すことが可能でした。誰にも相談できないからです。
しかし、ネットでおかしいと思える事を論議することで、信教の自由の下、蔑ろにされていたことがあると意識すると、教え被害が既成事実となっていきます。
過去に見た掲示板荒らしにみられる錯乱は、教えを否定する思考を既成事実にしないための工作として横行していました。
現在は、勧誘されればネットで調べ、その手口の傾向がつかめるため、信者の謙った勧誘時の態度の裏に潜む意図が既成事実として認識されつつあります。
そうした信者の働きかけが、一部の心ない信者だけではないことが既成事実としてネットに積み上がって行くならば、冷静な対処法が既成事実として積み上がり、心ない教えを遠ざける力となるのでしょう。<一闡提>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

議論することで、信徒の考え方がオカシイことが伝わります。

緋色 | URL | 2015-02-10(Tue)09:30 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。