反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教えのつけ入る隙をなくす

N君は過去の真如苑対策について思い起こしている。感情的な面もあり、たどたどしく書き込んでいたが、徐々に教えの手口が見えてきた。感情を煽って冷静に思考させないのも教えの手口と知る。
教えを辞めたり、批判したりした人のストーリーを埋め込まれ、疑おうとするとトリガーが引かれ、恐怖心のアンカーが蘇ってくる修行を、仏教の修行と称して行っていた。
悟りと称した迷い、不安を植え付けられながら教えの中の地位の高い人の話が絶対となり、指導者もそれが旨みとなりながら、自分の言葉の影響力に酔っていた。
N君が教えを辞めることは、その旨みを取り去ることであるので、指導者はその地位を守り、考え直させようとする。その一手段が嫌がらせである。それが表面化すれば、「一部の心ない信者の仕業」で片付けられそうな事であろうが、それは秘密である。
ネット上の教えに否定的な意見が攻撃され、ネットに書き込むことがバカらしくなるような言葉に、N君は教えの教義の薄さを見た。カルト対策本に、元カルト信者の手記があり、ネットでの批判を徹底的に叩いた、という記述も見た。
今は目立った荒らしも見ないが、人材がいないのか、やっとその行為が教団のマイナスイメージであると知ったのかは、定かではない。
勝利、敗北ではなく、勧誘されては辞めていく新陳代謝がなければ、古い信者が疲弊してしまう考えもあるようで、N君は情報提供することで、勧誘時に立ち止まって考える人が増えると思っている。
周囲が信者だらけで自分は疑っている、という人には気の毒だが、信者を刺激して立場を危うくすることなく、被害を最小限に留めてほしいとN君は思っている。
軽い気持ちが命取り。信者は「どうしたの、最近姿を見ないけれど。」と軽い気持ちにさせるようなノリで話しかけるだろう。
集会では教えと真剣に向き合うことが求められ、教団施設や他の集まりではオープンな雰囲気で心を揺さぶられるかのように、信者にアンカーが埋め込まれていく。
教えを信じない人の前で不幸を装う信者は、自らの教えの手口をバラされていることを知らない。むしろ、その薄い教義に守られて相手を論破できるという妄想を抱いているのだろう。いずれ分かる、と待ち構えているうちに、ネット上の質疑は広がり、教えを支える人が少なくなれば、自分が負担しなければならないことに気づけない。
N君は二度とこの教えに騙されないだろう。それは、対策を継続することの必要性に気づいたのであり、ネットでの質疑が消えないのが、その必要性を裏付けると思うのである。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。