反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何が不誠実か

いくら教えで悟っても、それを人に語らなければ良い教えを広めることになりません。
だからN君はこの教えを広める事ができるように、「この人のやっている信仰ならば。」と思ってもらえるように取り組みました。
どうしてこの教えで救われるのかは、教えの示す霊、因縁が不幸の原因で、その理由を示し、取り組みを示してくれるからです。
それがいつの間にか因縁が深くなり、抜苦代受が待っていてくれないようになり、向上が焦らされるのです。
それを苦にN君は無断入信に走ることが無かったのですが、ネットでは入信させられているか疑問に思っている人は、たいてい入信させられていることが、N君には分かるのでした。
片や、無断で入信させられているかもしれないのに正式に辞めなければと思ってしまう真面目な質問もあります。
まともに受け答えをするとバカを見てしまうような信者からの不誠実な態度。教えを信じないだけで見下して嫌な思いを信じない人にさせようとする信者は、過去の教えを出せばその地位の優劣によってまかり通る旨みを求めているのです。ましてや、その教えの教義で人を論破できるかのような妄想を抱きながら、辻褄の合わない信者を逆ギレさせると更に卑怯な手段に手を染めます。
不誠実とは何なのか。倫理観の問題でしょうか。周囲が信者の不誠実がまかり通ると思わせない、静かな対応を行うことで被害の発生を防ぐのが必要と思うのでした。<一闡提>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。