反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信者の心の躓きとは

N君は信者になる前に、少し考えれば気づくような騙しの入った取り組みを、尊い取り組みのように信じてしまいました。それ自体、心の躓きです。
躓きは、世の中の理解し得ないことを、実現し得ないことを霊、因縁に投影して、その取り組みを否定する人にも投影することでも解消しようとすることです。それを続けることは、「強い心」や「強い信仰心」とも言われます。
教団内のサークルの様な集まりの中での、教えを信じるか信じないかの二分法的、二者択一的思考が常になってしまうと、無断で人を入信させることも「教えを信じて人の為にやっているから正しい。」となってしまうのです。
その段階の躓きを放置して教えに洗脳され続けてしまうと、教えの外の世界との軋轢を生み続け、教えに答えを求めて取り組む材料を躓きとして発生させ続けることになります。
その心の躓きを克服していると勘違いして、勧誘の取り組みを無理して、更に軋轢を生まなければなりません。
心の躓きを促す教えが、その苦しみから救うかのようなマッチポンプによって、取り組まされるサークルの新陳代謝は促されているのでしょうか。高齢化して支える人が減っているのでは。
N君は移ろい行くものを感じるのでした。❮一闡提❯

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。