反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人の不幸への介入

人間関係のトラブルは、人の領域に介入するところから始まります。
信教の自由が守られて、自らの意志の下教えを歩んでいることになっていても、その教義が勧誘を必要とし、人の不幸を霊、因縁に結びつけることが必要になってくる以上、信者は人を観察し不幸を見極め、そこに介入しなければなりません。
教義の中で、その介入が人を救うことであるかのように洗脳されるので、被害を受けた人との話は噛み合わなくなります。
その噛み合わない問題は秘密裏に何事もなかったかのようにされてしまっていましたが、ネットで被害の共通認識が分かってくる中で、信者が人の不幸に介入し、勧誘しにくくなっていることは確かでしょう。
周囲が信者のことが心配で、辞めさせようとすることも介入に当たり、それもトラブルの原因です。しかし、教義において、教えは正しいが故に批判され、誹謗中傷されることが予言されています。
だから、「誹謗中傷」という言葉がトリガーとなって、信者に埋め込まれた、「更なる精進」というアンカーが信者の中に蘇ります。
そうした教えによるトラブルの導火線に火をつけない対処法が「行かない」「興味を示さない」「否定しない」です。〈一闡提〉

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。