反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

種まきの段階ならば

最近のYahoo!知恵袋では、真如苑信者がうまくいっている話を聞いた段階や、お守りを貰ったり勧められた段階での質問が目立ちます。
「種まき」という信者が教えをやっていると伝える段階ならば十分な対処が出来ます。
「行かない」「興味を示さない」「否定しない」です。
何年か前に教えにはまってしまった人を醒ますための方法を考えたときに、行き詰まりを感じました。
勧誘された人が正しい対処法で避けることができれば、無断入信されても負担は無断入信する信者に行きます。
何年も歩んだ人も、気づくのはあっという間です。教えでは「堕ちるのはあっという間」と表現されます。
教えの手口を知った、長年歩んだと思われる人も回答者に加わり、対処法が蓄積しています。
ここ何年かの教えの取り組みのハードルが下がったと思われるのは、救いに対して信者の負担を減らさざるを得ない、つまり救いが少ないことを意味します。
無断入信のある現状と、宗教年鑑で信者数を伸ばしている現状がどう繋がるのかを知る人が増えることと、信者の周囲の人が気をつけるべきことが知れていくことで、信者の負担が救いに対して増えていくことが、過去に行き詰まった対処法の答えに近づいていくと信じたいです。《一闡提》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。