反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信者と被害者個人の責任と考える

真如苑の教えはやってみなければ分かりません。教義についてはそれくらいで留めておき、信者個人の働きかけから被害を理解しようとN君は考えました。
教義が、信者の問題行動における原因としても、実際に加害と取れる行動をするのは信者です。
信者の言動からその目的や手口を知らなければ、泣き寝入りを強いられることもあります。
なぜ、日々ネットの巨大質問箱に投稿される信者に関する質疑に共感できるのでしょうか。
N君は教義から植え付けられる恐怖心や信者が世間で得られない願望が教えで得られるかのような希望が原因であると考えます。
人に直接伝えたら信じられないような信者が教義から得た私的論理を密教の名の下、秘密裏に人に信じさせ様とするのは信者個人の責任です。
信者の手口に負けて被害を被ってしまっても、個人の責任で回避しなければなりませんが、扶養されている未成年もできる限りの対処を個人の責任でしなければならない実情は酷なことです。
N君は、教えに反した心無い信者の比率が、無断入信の横行していると言われる中で、公称数字のどれくらいの割合でいるのかなど着目しましたが、秘密のため、確かめようがありません。
数字ではなく、信者の取り組み方法から読めることは、信者に取り組みを強いるハードルが低くなっていることは、救いに対してハードルを上げると、信者が離れてしまうということです。だから今、救いが少なくなっているのです。
ネットで信者の行動や教えに誘う手口が知られてきているということで、勧誘が成功しなければ、無断入信に信者が走るなど、会費を立て替えて負担が大きくなり、救いと比べて負担が大きくなれば教えから離れることも考えるだろう、ともN君は考えます。
この教えは指導者が要です。
指導者が変わり、指導者が心無いと教えの手口に視点が行き、醒めてしまう人も現れています。
N君も次期指導者といわれた人の言動に経の将来を見て、教えに対して疑問を持った事が、脱会に繋がっています。
信者の思考停止を助長する教えに従った楽天的な行動に対して、教えの示す私的論理にどこまでも固執していく信者に関する悲観的な検証と、信者からの長期にわたる攻撃性を悲観的に対策し、積極的にその手口を情報共有したり、自らも対策する楽観的な行動をN君は心がけています。
今自分の近くにいる信者は自己責任において信用を落とし続けますが、手口が悪質でも、倫理を逸していても、適切に、自己責任で対処しなければならないと思うN君です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。