FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教え対策で進んだこと

N君はYahoo!知恵袋などで、教えの実態を突く意見を見ると、胸が晴れる様な気になる。
それは、N君が信者たちに圧力を受けたり、嫌がらせを受けてきたからである。
何が嫌がらせかも特定できないような、ただ教えを信じない人間が悪い、と言わんばかりの圧力は、N君を教え対策に駆り立てた。
教え対策とは、仏教や良い教えを前面に出した、人の不幸に忍び寄る教えの手口を情報共有することである。
洗脳もあるが、教えの創り出す教えの階級による差別化も世の中にはない上下関係が得られるために、信者にとっての旨味である。
N君は洗脳だけでなくそうした確信犯的申し合わせによっても、信者によるネズミ講的教えの手口が盲点となるように、意図的にされていると思う。
昭和の時代に出版された「水ぶくれ真如苑〜急成長の秘密と欺瞞の構図〜」を読んでも、基本的手口は変わらない。
むしろ、教えも予想しなかったインターネットの世界に書き記された教えの手口をカモフラージュしようとして、教えの負担が減らされていると思える。
救いに対して負担が大きいと、信者は逃げてしまう。負担を下げるのは救いが少ないと知れてしまっているからである。
ネットで調べるのが一般的になり、教え三世らしき人の質問に対してもN君の胸の晴れる様なコメントが書き込まれている。そして、中には教えの手口をカモフラージュしようとする信者らしき書き込みがあるが、明らかに浮いて見える。
それもN君の胸が晴れるような感覚になるのである。《一闡提》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。