反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宗教に足を踏み入れた過去

N君は、過去に宗教に足を踏み入れてしまった理由として、過去について自分に都合の良い意味を与えてくれたものに頼ってしまったと思っている。
それも変わらない過去であるが、間違いの一つは、これから変えられるべきものを教えの力でなければ変えられないかのように思わされてしまったことである。
そうして思考停止してしまうと、教えで示される霊による因縁の不幸と、そこから救われるお力によるマッチポンプに陥ってしまうのである。
過去の不幸が霊を供養することで変えられるかのような無理な思考と、自らがものの見方を変えることで変えられることを、教えに思考停止させられて変えようとしない思考。
霊、因縁のストーリーによって自分の中で過去を書き換えられ、幸福の道を特定教団のコミュニティを一番大きなコミュニティであるかのように錯覚させられながら走らされるのは、不幸なことであるとN君は思っている。
教えでも言われるとおり、本人が騙されたと思っても、霊言の曖昧な言葉を自分が勝手に解釈し、行動し、自らの意思で金銭を支払ったり、労力を提供したのだから、自己責任である。《一闡提》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。