FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特有の物語を信じさせる宗教

宗教の中では、「強い心だから信じられる」などと方便が言われます。
宗教は特有の物語を信じさせられ、それが主に教祖の通った道であるなど、美化されて、同じ道を歩むことで救われることが言われます。
信者は、自らの人生をその物語になぞらえて、あるいはこじつけて、自らの人生に意味づけたり、指針としたりします。
それは信教の自由です。
その物語となぞらえた人生を勧められる事は、まだ信教の自由の範疇だと思います。
しかし、その物語を信じないことが罪であるかのように仕向けられると、信教の自由の範疇を超え、人の課題への介入となります。
教祖一家の布教の物語が信者に拡大解釈され、とにかく教えに結ぶことがその人に無断であっても良いことであると解釈されると、無断入信や囲い込んだ半強制的入信にも至ってしまいます。
教えの物語が美化され続けるために、信者の取り組みや思い込みに迷惑する人たちの声が遠ざけられることもあります。
教えに取ってはあってはならないことかも知れませんが、実際に問題であることを伝え続けなければ、教えの物語に洗脳された人たちに泣き寝入りを強いられる人が増えてしまうと思います。《一闡提》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。