反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信者との基本思考の違い

違いを認めることは対人関係に取って大事である。しかし、N君は信者の教えを信じさせようとする目的に折れることはできない。
N君は信者時代に教えに守らなければ因縁にどう倒されるか分からない恐怖に駆られていた。しかし、接心の曖昧な言葉や指導者の指導によってN君がそう思っただけであって、教団は仏道修行であると言うであろう。それは手口である。
信者は因縁にどう倒されるか分からない不安な状態であり、信者は接心があるから人よりも危険を予知できると思い込んでいる。だからたちが悪い。下手すると自分は教えを信じない人よりも情報通だと思い、言っていることはあとから取ってつけたような接心で言われるようなことが多い。
そんな基本思考でも、あらゆる世の権限を使う。それは信者の一面で、新興宗教を信じているという劣等感もある。大勢の人のいる場で信者と明かされれば、耐えられない劣等感が信者を襲うだろう。だから教えを肯定し合う信者の集まりに安息を求める。
危険を予知できると思い込んでいる信者がネズミ講型の活動をしていることを意識できずに振りまく被害も、思考の違いを理解しながら対処するしかないとN君は思う【一闡提】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。