反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教えの裏の目的

N君は単純な手口に引っかかってしまったと思う。
多くの大人が真顔で信じる教義。教団施設ではそうした集団圧力が働いていた。
どうとでも言えるのに、示された霊を集会などの集団圧力のある場で普段の出来事と絡めるトレーニング。
教えの小集団や上下関係を重んじなければ流れてこないお力は、実はこの教えでしか示されない霊の仕業から、この教えでしか流れてこないお力でしか救われないと思わされることが目的で使われる。
N君の指導者は、この教えの小集団で働く教えの上下関係の威厳に固執した。その姿を見てN君は幻滅するが、どこかに「教えは正しい」かのような想いもあり、耐えていた。
しかし、指導者のおかしな言動は続き、N君は教えに距離を置いた。それから起こった信者からの嫌がらせは、N君に教えの手法に対して焦点を当てさせた。
マインドコントロールについて書籍を読み、ネットでの体験談、論議を荒らして回る信者らしき人の意図を知ろうとした。
「示した霊からここのお力で救ってやる」というマッチ・ポンプ手法を、ネットで質疑すれば読みとれる時代となった。教えに勧誘するためにつくられた信者の人格が教えを否定すればたちまち崩れる精神状態は、教えを護る名目で洗脳された結果である。
勧誘してネズミ算式に信者が増える方式は、無断入信による信者の会費立替には働くだろう。一方N君が思うのは、信者が勧誘すると疑問や手法がネットで情報共有され、その共通点が不特定多数に見られることでネズミ算のように伝わり、適切に距離を取れる人が増えることである。【一闡提】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017-10-05(Thu)20:10 [編集]


いっせんだいさん
ご無沙汰しております。

大変お手数ですが、管理画面用のPWとIDを
ヤフーメールにお送りいただく事は可能でしょうか。

お時間ありましたら、お手数ですがよろしくお願いいたします。

谷居

谷居 | URL | 2017-10-08(Sun)09:30 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。