FC2ブログ

反苑・往復書簡的寄稿ブログ

一闡提と谷居の二人による、「反苑の会」から派生した寄稿ブログです。(注:このブログは真如苑活動に対する過去の経験と、今後の自己防衛手段を考慮するためのものです。従って真如苑の活動を毀損・妨害する目的ではなく、また真如苑やその信者を追い込むこと、誹謗中傷することを目的とするものでもありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教えから身を守る心の保ち方

N君は、この教えに求めさせられたものは、世間での欲望と同じようなものだと思う。人とは違う宗教に出逢い、もっと救われる欲望。それは仏教で言う「慢」の心にも繋がり、今に集中するのではなく、教えに示された霊因縁による妄想に急かされていたのである。
人の為の教えでありながら、人を勧誘して巻込むことで人を救うかのようにこじつける思考も育っていた。その求めるものの根底が、霊因縁という妄想から救われるお力なので、どうとでも表現できるのである。
慈悲喜捨の心に立てば、人の為にならない取り組みよりも、教えの手口を広めた方が、被害者が減り役に立つ、「慈」の心に立てるであろう。
信者の教えを信じない人に対する攻撃的な態度も、「教えに霊因縁の妄想をかきたてられて大変だね。」と「悲」の心で共感できる。決して、信者の立場の、「最高の教えを信じることができなくてかわいそう。」という優越コンプレックスとは違う。
そして、教えによらなければ喜びがないかのように思考する信者とは違い、身近で喜んでいる人の喜びを自分の喜びにする「喜」の心も大事である。
信者からの教えのための働きかけの先に不快を見越して、反応しない「捨」の心も大事である。
教えの示す安易なお力は、「もっと救われたいと思う「欲望」を刺激し、霊因縁による妄想を、霊を示しながら深めようとする。その様な状態は、霊因縁の妄想とお力によるマッチ・ポンプである。
仏教を前面に出す教えから救うのは、皮肉にもブッダの知恵かも知れない。《一闡提》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。